ハネムーン

ゴールドコースト観光案内

ゴールドコーストと言えば42km続く真っ白なビーチとお考えの方も多いようですが、それ以外に世界遺産・自然遺産も豊富です。年間300日以上が晴天と言われ、このゴールドコースト地区だけでも5都市分(シドニー、メルボルン、ケアンズ、ニュージーランド)、そして本来のゴールドコーストと正に楽しみ満載です。

オーストラリアの国内のみならず世界からもこのゴールドコーストへ集まって来るイベントも多く、代表的なものがゴールドコーストマラソン。10月のワイルドフラワーシーズンに世界的に有名なインディカーレースが街中を快走するのは豪快そのものです。またオーストラリア国内の学生が修学旅行(スクーリーズ)で、ここゴールドコーストに集まって来ます。そして一流プロゴルファーによるマスターズも年に何回も行われる程、ゴルフ場もオーストラリアで一番。

老若男女問わず楽しめるゴールドコーストはオーストラリアのエンターテーメントと言われるくらい何でも揃い何でもできてしまう、楽しみ方はオーストラリアトップクラスでしょう。

spot1_map

ゴールドコーストインフォメーション

人口 40万人
気候 晴天の日が多く、亜熱帯性の気候
空港 ゴールドコースト空港
時差 +1時間
車の運転 日本と同じで右ハンドル、左側通行。オーストラリア独自のルールとしては、右側優先の原則がある。車を運転する際は国際免許証が必要となります。

ゴールドコーストの気候

季節
9〜11月 12〜2月 3〜5月 6〜8月
平均最高気温 25.6度 28度 26.3度 21度
平均最低気温 15度 19度 15度 9.8度

ゴールドコーストの観光案内所

サーファーズパラダイス
ここサーファーズパラダイスは、高層ホテルやコンドミニアムが隣接するゴールドコースト中心地。観光客や買い物客で年中賑わい、気軽に色々なマリンスポーツも楽しめる文字通りビーチリゾートを満喫できる。そしてカビルアベニュー、オーキッドアベニュー、エルクホーンアベニュー、シェブロンルネッサンスと免税店を始め、オパール専門店、サーフショップが軒を連ね、銀行、有名デザイナーショップ、レストラン有りのアボリジニーアート店もあり、水・金曜日夜にはビーチ沿いに地元のローカルな人達が出店するフリーマーケットが有り、掘り出し物を探すならここに行ってみるのも楽しい。
イメージ
イメージ
メインビーチ
サーファーズパラダイスより東に10分の所に位置し、お洒落なショップやレストラン、ヨットハーバーやマリナーがあり、地元の人達にも人気の場所。オープンスペースのレストランやカフェ、ベーカリー、デリカテッセン、ブティックなどが立ち並び歩くだけでも楽しいテダーアベニュー。 ここからバスで3分の所にマリナーズコープとマリーナミラージュがありクルーザーやパラセーリング、フィッシングなどマリンスポーツの出発点となり、パブ、レストランが立ち並ぶウォーターフロント。マリーナミラージュは有名ブランド店やブティック、ギフトショップ等50店舗以上が入っている洗練されたショッピングコンプレックスとなっている。
イメージ
イメージ
ブロードビーチ
ブロードビーチはサーファーズパラダイスより車で10分南へ行った所に位置し、カジノや大型ショッピングセンターが立ち並ぶ都会的なスポット。24時間営業のジュピターズカジノとオアシスショッピングセンターがモノレールで結ばれている。サーフパレードとアルバートアベニューはナイコンプラザやアリア、またお洒落なアパートメントのフェニンシアなどが立ち並び、オープンカフェ、レストランが充実。サーフパレードを南へ行くとカフェやレストランがあり、野外ステージでは休日に催し物が開かれている。
バーレイヘッズ

サーファーズパラダイスより車で20分の所に位置し、サーフィンの世界選手権大会の開催地として有名。サーファーズパラダイスからバーレイヘッズまでのビーチが弓なりになっている為、サーファーズの高層ビル郡を背景に写真撮影ポイントとなっている。

バーレイヘッズ岬は、バンダナスパームツリーやユーカリ林が残り、ブッシュターキーなど野生動物が生息する国立公園、ビーチ沿いの遊歩道でブッシュウォーキングが楽しめる。ビーチには白い2階建てのビーチパビリオンがあり、シーフードレストランのテラスよりサーファーズパラダイスのスカイラインを眺めながらのお食事はいかが。

マウントタンボリン
マウントタンボリンは、サーファーズパラダイスより車で北西へ45分の所に位置し、緑豊かな大自然が広がる避暑地。山頂からのサーファーズパラダイスの大パノラマは最高の景色。ここではブッシュウォーキングやハングライダーなども楽しめ、オーストラリア原産のマカデミアンナッツ、アボカドコーヒーなどの栽培もされ、ワイナリーも点在する。お洒落な工房が連なるギャラリーウォークの人気スポットが豊富で、自然と調和している。20種類以上もの鳥達のさえずりを聞きながら、テラス席からのサーファーズをバックに記念写真はいかがですか。
イメージ
イメージ
ライトレール(トラム)
ゴールドコーストにはトラム(路面電車)が走っています。名前は『Light Rail(ライトレール)』。Health&Knowledge Precinct(医療・大学地区)・SouthPort(サウスポート)・Surfers Paradise(サーファーズパラダイス)・Broadbeach(ブロードビーチ)の4つの主要エリアを結んでいます。
前後の運転車両を含む7両編成で全車両エアコン完備。80の座席があり最大で309人まで乗れます。また、車椅子やベビーカーでの乗車が楽にできるようにデザインされていて、サーフボードの為のラックが付いているというのはゴールドコーストならでは。住民や世界中からの観光客の足として活躍しています。
イメージ
イメージ
第2のエアーズロック
ゴールドコーストからおよそ260Kmの場所にあるボールドロック国立公園、ギラウィーン国立公園。
AUSTYによって四半世紀前に見つけられ「第2のエアーズロック」と名付けられたこの場所は広大な敷地に様々な奇岩が散らばっており、それぞれの岩に「ピラミッド」や「スフィンクス」などユニークな名前が付けられています。「ピラミッド」は直径およそ120m、高さ140mの巨大な1枚岩でマグマが固まった花崗岩でできています。
ただ登るだけではなく頂上まで行く道のりにはいくつもの奇岩に出会い、自然の豊かさ、景色の雄大さに驚かされるでしょう。ボールドロック国立公園には花崗岩(グラニット)の1枚岩では世界で1番大きなボールドロックがあります。
近くにはワイナリーが多く点在しており、クイーンズランド州で最も多くのワイナリーがある事でも有名です。
オーストラリアの会社のAUSTYならではの「知る人ぞ知る」場所。エアーズロックが年々登りにくくなっている状況で、「第2のエアーズロック」として密かに注目されています。この世界1大きな花崗岩はエアーズロックに登った時よりも大きな衝撃と感動を受ける事でしょう。
イメージ

ウエディング体験談

ドレス体験談

ハネムーン体験談