ハネムーン

シドニー観光案内

シドニーと言えばオーストラリアの首都と勘違いされるくらいの大都会です。人口密度としては東京とほぼ同じ。しかし、大都会と言えないほど洗練された美しい街。シドニーの場合は何か目的をしっかりともって計画して行くとさらに楽しみが膨らむでしょう。

オペラハウスが最も有名ですが、オーストラリアのグランドキャニオンと言われるブルーマウンテンの景観も美しく、またハンターバレーのワイナリーツアーも有名です。

spot1_map

シドニーインフォメーション

人口 ニュー・サウス・ウェールズ州 641万人 / シドニー 404万人
気候 温帯気候(南半球なので季節は日本と逆)
空港 シドニー国際空港(正式名:シドニー・キングスフォード・スミス空)
時差 +1時間
車の運転 日本と同じで右ハンドル、左側通行。オーストラリア独自のルールとしては、右側優先の原則がある。車を運転する際は国際免許証が必要となります。

シドニーの気候

季節
9〜11月 12〜2月 3〜5月 6〜8月
平均最高気温 22度 26度 23度 18度
平均最低気温 12度 17度 14度 9度

シドニーの観光案内所

オペラハウス
デンマークの建設家ヨルン・ウォッツオン氏によってデザインされ、1973年に完成。着工から14年の歳月をかけて建造されたオペラハウスは貝殻を模した白いアーチ型の屋根が特徴で、世界の三大美港と呼ばれるシドニー湾の美しい景観にあったシドニーのシンボル的存在です。
イメージ
イメージ
ハーバーブリッジ
1932年に完成した全長503mの鉄橋でシドニーのシティとノースシドニーを結んでいる。形状が似ていることからコートハンガーとも呼ばれ、オペラハウスと共に、シドニー湾の美しい景観をつくっている。ライトアップされた夜景は絶賛です。
イメージ
イメージ
ザ・ロックス
1788年、イギリスからの最初の移民団上陸以来、入植者たちが開拓していったザ・ロックス。100年以上の歴史を誇る古い住居や倉庫は、現在ギャラリーやレストラン、お土産店などに活用されています。毎週土日には、ジョージストリートの北端で150以上もの露店が立ち並ぶマーケットが開催されます。
ダーリングハーバー
シティ中心街の西側に位置するダーリングハーバーはシドニーの今を見る事ができるエリア。かつて海洋貿易で、国内で最も栄えたこの港町は、近年の大規模なウォーターフロント開発によって一大観光スポットとして新たに生まれ変わりました。美しい水辺の景観を満喫できるエリアです。
イメージ
イメージ
ブルーマウンテンズ国立公園
シドニー中心部から西へ100kmほど離れたところにある丘陵地帯がブルーマウンテンズ国立公園。シドニー郊外の高原リゾートとして、観光客ばかりでなくシドニー市民にも人気があります。ビクトリア州からクィーンズランド州まで、東海岸と内陸とを隔てて連なる The Great Dividing Range の一部で、渓谷や滝など変化に富んだ風景を見ることができます。2000年に世界遺産に指定されました。
イメージ
イメージ
ハンターバレー
ハンターバレーは、南オーストラリアのバロッサバレーとならぶオーストラリアでは有数のワインの生産地で、オーストラリアでも最高のセミヨン、シャルドネ、そしてシラーズを中心に生産しています。シドニーの北160kmほどの場所に位置し、ゆるやかな起伏が続く丘陵地帯は、どこまでもブドウ畑が続きのどかな風景の中にワイナリーが点在します。
イメージ

ウエディング体験談

ドレス体験談

ハネムーン体験談