ハネムーン

タスマニア観光案内

オーストラリア大陸の南東に浮かぶ島、タスマニア。コロニアル時代の趣を今に伝える1820~30年代の歴史的建造物が多数残っており、世界遺産として登録されているものもあります。州都の20%を占めるタスマニア原生地域はオーストラリア最大の自然保護区のひとつ。太古の自然の姿を見ることができます。
タスマニアは大きく分けて、ホバート・ローンセストン・フレシュネ国立公園・クレイドル・マウンテンに分かれます。
spot1_map

タスマニアインフォメーション

人口 約51万人
気候 温帯の海洋性気候
空港 ホバート国際空港
時差 +1時間
車の運転 日本と同じで右ハンドル、左側通行。オーストラリア独自のルールとしては、右側優先の原則がある。車を運転する際は国際免許証が必要となります。

メルボルンの気候

季節
9〜11月 12〜2月 3〜5月 6〜8月
平均最高気温 17.2度 22.4度 17.2度 11.4度
平均最低気温 7.5度 11.2度 8.3度 4度

タスマニアの観光案内所

ホバート
オーストラリア南島の島タスマニア州の東南部に位置する州都。人口は18万人のタスマニア州の政治・経済の中心都市と同時にリンゴの生産を始めとした農業や漁業、林業が盛んな街。
サラマンカ・プレイス
捕鯨全盛期時代の1835年ごろに建てられた倉庫群。海沿いのキャストレイ通りから1本内陸よりの通りに面して、現在はその倉庫の内部を改装。お洒落なアートギャラリーやブティック、レストラン、アンティークショップになっており、大変な人気に。
食料品・アクセサリー・古着・アンティークなどが所狭しと並ぶフリーマーケット「サラマンカ・マーケット」は、毎週土曜の08:30~13:00に行われる。
バッテリーポイント
サラマンカ・プレイスの南島に位置し、少し先に行くと植民地時代からの古い建物が並ぶ小高い丘。タスマニアの歴史を感じながらダーウェント川を見下ろす絶景の散歩コースで、ショッピングのメッカとなっている歩行者天国。約500mにわたってブティック・ギフトショップ・レストラン・映画館などが並び、その路上では大道芸人のパフォーマンスなどが行われ、いつも賑わっている。
ホバート近郊
ネルソン山、標高340mの小高い丘。ホバートの市街・港・ダーウェン川を一望。ウェリントン山ホバート西にそびえる標高1270mの山からもホバート市街を見渡すことができる。
リッチモンド
英国風ジョージアスタイルの建物が、今なお残っている歴史ある街。ホバートの北25km、車で40分の場所にあるリッチモンド橋は1823年に囚人によって建設された、オーストラリアで最古の石橋。他に、刑務所やオーストラリア最古のカトリック教会等、植民地時代の面影をあちこちに見かけることが。
ポートアーサー
英国流刑者の収容所跡地のある街。1830年~77年までの間に約1万人の囚人がこの町に送られていました。ホバートから南東100Kmのタスマン半島先端中央に位置していて、当時の独房等の見学も可能。
ローンセストン
ホバートに続くタスマニア第二の都市。ガーデンシティと呼ばれる名の通り、街の至る所に庭園・公園が点在しており、クレイドル・マウンテンやフィッシュネ国立公園などへ動きやすい場所。
クレイドル・マウンテン
セント・クレア湖とともに国立公園となっている標高1545mの山。州の最高峰、1617mのオサ山をはじめとして標高1500m以上の山々が連なっている。ポンボートから南へ90km車で90分、ローンセストンからは西へ160km、車で2時間30分の場所にあり、森林に囲まれた湖が点在する本当に美しいスポット。その中では、カヌーや釣りを楽しむことが。また11~2月には数種類のワイルドフラワーが咲き誇り、あたり一面が華やかに。
イメージ
イメージ
フレッシュネ国立公園
タスマニア東海岸を代表する国立公園。ローンセストンから南東へ196km、グレート・オイスター湾を囲むように突き出ている半島一帯で、国立公園として指定された。18世紀にこの辺りを探検したフランス人の名前が付けられている。
オイスターファーム(生ガキの養殖場)体験も可能。牡蠣の中でも王様と呼ばれるタスマニアオイスターは大きさも日本の2.5倍近くあり、味もミルキーな絶品中の絶品。

ウエディング体験談

ドレス体験談

ハネムーン体験談